ひふみのブログ

シンプルに生きる。

OutSystems Reactive Web 認定試験を受けてきた

こんにちは。

夏ぐらいからローコード開発ツールのOutSystemsでの開発プロジェクトのPMをしており、せっかくプロジェクトで触れているので試験を受験してきました。

OutSystemsの試験は情報量も少ないので備忘としてここに残しておきます。

 

①事前の勉強量など

当方基本的にPMロールでプロジェクトに参画しているためゴリゴリ自分で実装しているわけではなく、コードレビューや仕様確認などを通じて触れてきた程度です。

勉強という意味だと冬休み中にOutSystems社が提供している以下のWebラーニングを一通り受講したぐらいです。(もともとWeb系の開発の素地はありましたが。)

www.outsystems.com

 

受講時間は11時間と書いてありましたが、ハンズオンまで丁寧に理解しながらやると3日(24時間程度)かかりました。

 

②試験当日

試験は自宅での受験とテストセンター(東京 or 大阪)での受験が選べます。

神奈川、東京、埼玉あたりに住んでいる人ならテストセンターでの受験も悪くないと思います。自分は気分を試験モードにしたかったのでテストセンターで受験しました。

 

③試験結果

結果は無事合格(2万6千円するの一安心。)

感覚的には3割ぐらいがAggregate関係の問題だったような気がします。

合格点が7割のようですが、自分は8割ちょっとで合格することが出来ました。

試験時間は2時間ありますが、1時間ちょっとで終わったので時間切れになることはおそらくないと思います。

OutSystemsは非常にWebラーニングのコンテンツやドキュメントが充実しているのでこの内容を一通りやるだけで十分だと思います。

有料のブートキャンプの案内などもありますが、個人的な見解としては特に参加しなくてもOutSystems社が公開している学習コンテンツだけで充分合格できます。ReactvieWeb試験のサンプル問題とWebラーニングの演習問題(ハンズオン形式)を一通りやれば十分です。

 

実は本当の狙いはReactiveWebの試験を合格したら受験できるArchitecture Specialization(モジュール分割や部品化、共通化などが出題範囲)の試験なので早速来月また受験してこようと思います。

まぁ合格したところで昇進にも給料にも関係ないんですけどね。ただPMとしても最低限エンジニアから信頼される(不信に思われない)だけの知見は持っていないといけないので今後もプロジェクトのコントロールができる程度には知識のアップデートは続けていこうと思います。

 

 

イライラと向き合う

明日からまた一週間が始まる。

今のプロジェクトが佳境を迎えつつあるけど、昔に比べると仕事でイライラしたり、情緒不安定になることはだいぶ減ったように思える。

 

「なんで自分ばかりこんな大変なんだ?」

「あいつ口ばっかりで何もしていないじゃん!」

「自分の苦労があいつのミスのせいで台無しだ!」

 

そんなマイナスの感情と20代、30代前半は向き合い続けて時として夜眠れないほどに心を蝕まれている時期もあった。

 

でも最近は

「自分と他人は違う」

「人に期待をしない」

「損得で動かいない」

「気長にコミュニケーションをとる」

そんな考え方が身についてきたのかあまり極度にイライラすようなことはなくなった。

 

だって今働いている会社も仕事の中身も全部自分が納得して、すべてを受け入れて、自分で選んでやっていることだから。

嫌なことなら断ればいい。

出来なことは出来ないと言えばいい。

ゆえに誰かのせいにする必要もないし、誰かを憎む必要もない。

頑張りたければ頑張ればいい。

そして誰かに見返りを求める必要もない。

そんな境地で最近は仕事をしている。

 

仕事をする理由は

お客のためでもない、

上司のためでもない、

部下のためでもない、

全て自分のため、

すべて自分で選んで選択してきたこと。

だらか今週も粛々と自分がやるべきことをやっていこうと思う。

 

 

資産状況(2022年11月末)

こんにちは。

ちょっとおくれましたけど11月末の実績を〆ました。

 

現金:6,308,333円

株式:44,034,995円

投資信託:12,285,588円

合計:62,628,916円

 

前月比 +189万です。(そういえば10月分を集計してなかったな。)

 

年初から最大で-700万円ほどの時期もありましたが、なんやかんやで戻してきました。年明けに今年はトントンなら御の字と思っていましたがどうやら当初の目論見通り着地できそうです。

 

FRBの利上げも落としどころが見えてきたようで12月も上昇で終えれば上出来かなと思います。インフレ、金利ドル円、株価このあたりの相関をなんとなく身をもって学ぶことが出来た一年でしたので学びの内容は別途記事にして振り返ろうと思います。

 

 

ちょっと浅間山見に行ってくる(後編)

こんにちは。

前回の浅間山外輪山登山の後編です。

後編はひたすら浅間山の画像を貼っていくぅ。

hifumeeen.hateblo.jp

 

外輪山を歩く

視界が開けて尾根に出ることが出来ました。

尾根沿いに10分ほど歩くとトーミの頭に到着です。ビジターセンターからちょうど1時間ほどの行程でした。

ここは日本か?と思うほど異質な自然の迫力を思い知らされる光景が広がります。

火口からはうっすらと煙が上がっていました。

休日でしたが人でごった返しているわけでもなく非常に快適にこの景色を眺めることが出来ました。(東京から2時間程度でこの絶景が拝めるならもっと人気のスポットになってもいい気がしますが。)

 

途中で休憩して浅間山を愛でながら補給をします。

KU SO U MA I ★

その後も外輪山を尾根に沿って歩いていく。

11:50 黒斑山到着。

12:20 今日のゴールの蛇骨岳に到着。

今日一で浅間山が大きく見える。

うっすらと斜面に道の様なものが見えるがあれが前掛山へのルートのようです。目先の尾根から岩場を下ってアクセスができるようでポツポツ人影も見えました。

振り返ると嬬恋村方面の景色もまた絶景。

撤収するか。。

 

下山して温泉へ

歩いてきた道を引き返します。

トーミの頭まで戻り、帰りはもう一つのルートであった「中コース」を選択します。

ショートカットコースのようで速攻で下山することが出来ました。

14:00 高峰高原ビジターセンター到着、ただいま。

その後はバスの時間まで高峰高原ホテルの温泉につかったり、ビジターセンターでまったりして時間を過ごします。

東京からも日帰りで行ける距離で、登山の難易度も初心者向け、登山客で混んでいないし、下山後の施設も充実している。

非常にいい場所だと思いました。

 

バスが来る頃には日が傾き夕暮れの佐久平の景色に冬の訪れを感じます。

日が暮れるのが早くなったな。

さらば浅間山

 

ちょっと浅間山見に行ってくる(前編)

こんにちは私は今、高峰高原ビジターセンターに来ています。

今週末を利用して浅間山を見に行きました。これから冬季に入ることもあり今年最後の山行です。

とはいえ活火山の浅間山に直接登るわけではなく浅間山を取り囲む外輪山に登り尾根沿いに歩いて回る予定です。

 

浅間山の地形の話

浅間山は長野県の御代町と群馬県嬬恋村の間にまたがる山で標高は2568mあります。周辺にカルデラを形成する外輪山や有名な鬼押出しなど活火山特有の独特な地形を形成しています。

今日登るルートはこんな感じです。(Google Earthの時点でもうなんか地形がすごい。。)

ビジターセンターから「トーミの頭」→「黒斑山」→「蛇骨岳」という順番でアプローチする予定で浅間山の外輪山を縦走していきます。標高は大体2300mくらいです。

強者になると火口近くの前掛山まで行くようですが私は帰りのバスの時間もあるので蛇骨岳で折り返しの予定です。

 

浅間山の成り立ち。

本日歩く尾根部分は実は昔は浅間山本体の一部だったようですが、はるか昔の大噴火で山体崩壊を起こし黒斑山部分が残り、カルデラ状の山になったようです。つまり今の浅間山本体は比較的新しく形成された山ということです。

アタック開始

10:00 早速アプローチ開始します。

コースは2通りあり佐久平方面の景色が見える「表コース」と山の中を突っ切る「中コース」があるようで行きは「表コース」を選択。

道中はこんな感じでまぁ初心者でも登れる程度の道が続きます。岩場が多いので少々歩きにくいですが。標高が上がるともう雪が積もり始めていました。


はい絶景。(佐久平方面)

しばらく歩くと避難シェルターを発見。

万が一の時はこちらに逃げ込むことが出来るようです。ちなみに浅間山は噴火警戒レベルを日々公表しており今日は一番安全なレベル1です。レベル2になるとブログ冒頭で紹介した火口付近の前掛山への入山は規制されるようです。今もちょいちょい噴火している活火山ですから当然ですね。

登り始めて大体50分程度、視界が急に開けて浅間山がその全容を表します。これは中々の迫力です。(ゴクリ)

このまま最初のチェックポイントのトーミの頭を目指します。

 

後編へ続く。

 

 

暴落時のチャンスを逃す3つの『ない』

こんばんは。
久しぶりに投資ネタを投下。

相変わらず相場が不安定な状態が続いています。

S&P500も年初来で20%以上下げており当面は不安定な下げ相場が続きそうです。

まぁこれぐらいの下げは想定内なので特にコメントはありませんが、本当にリーマンショックのような経済危機が来た時は、多くの投資家がそれまでの積み重ねてきた投資への姿勢に対して裁きを受ける日になるのかもしれません。

よく『暴落はチャンス!、バーゲンセール!』という話を聞きますが、その言葉の通り動けたらなら何て投資は楽なんだろうと思ってしまいます。

なぜ暴落をチャンスとして掴むことが出来ないのかちょっと考えてみました。

 

①何を買っていいか分からない
無敵に思えたグロース株も、安定銘柄と思えた高配当株も軒並み終わりのない下落を続ける中、何を買えばいいのか、何を信じていいのか分からないそんな状況になると思います。

暴落しても、それでも自分が強く信じることが出来る投資対象をいかに事前に見つけておくか、、、
投資先の企業を信じるのか、米国市場を信じるのか、資本主義そのものを信じるのか、それによって投資対象も変わってくるのではないでしょうか。

 

②買いに向かう意思がない
私はまだ資産運用を始めてから破滅的な暴落は体験していません。リーマンショック級の暴落が起き、世界中が阿鼻叫喚になり、自分の資産が一千万単位で消えていく中、強い意志を持ってさらに買いに向かえるのか正直分かりません。

相場は循環すること、そして自分が『コレだ!』と確信した投資対象を信じ抜くこと、その思いの強さが試される時です。


③お金がない
リスク資産のポジションを多く取っている人は特に陥ることになると思います。
半額のバーゲンセールで仕込めるチャンスなのに、肝心のキャッシュがない。普段から追加投資を考慮したポートフォリを組んでいないため暴落をただ指をくわえて見ているだけ、そんな状況でしょうか。

自分の追加投資の余力を残しつつ、ある程度のリスクもとる、日頃からの資産との対話が大切になってきます。


ーー

こんな感じで書きましたが、結局のところ暴落をチャンスにできるかどうかは、天才的な相場観でもなく、AIを使った最新の取引でもなく、日頃の投資に対する考えの深さやマインドの醸成と言ったことが大切になるのかもしれません。


もちろん相場は水物で大きな下げ相場が来るか、来ないかはタイミングや運による部分もあると思います。ただ、その時を漫然と迎えるのではなく、自分できちんと準備して迎える事が出来れば、その後の成果は大きく変わります。


チャンスを掴む握力は日々の自分の姿勢次第、そんな感じでしょうか。

 

資産状況(2022年9月末)

こんにちは。

バキバキにやられた9月の資産状況です。

 

現金:6,325,995円

株式:38,971,502円

投資信託:11,312,618円

合計:56,610,115円

 

前月比 -670万です。

久しぶりの500万オーバーの下落です。

最近朝起きると月給分の資産が減っていく毎日です。

ここらが底か、、、

みたいな思いは全くなく、

インフレが収まる気配はない。

ウクライナの問題も収束する気配がない。

これから年末にかけてより一層下落が進むのでは?とも思っています。

でも次の資産形成のためにはこれは必要な過程だと理解しています。

景気には循環がある。

今はきっちり働いてキャッシュを厚くして入金を継続する。

きっちり積み立て継続して次の景気拡大局面に備えるしかない。

諸行無常

色即是空

念仏唱えて過ごしていこうと思います。